ドコモやGoogle、AWSなど各サービスの障害状況がわかる「Downdetector」

Downdetector(ダウンディテクター) WEBサービス

インターネット上では様々なサービスが24時間稼働していますが、突然なんらかのトラブルによってサービスにつながらず、障害が発生することがあります。

自分が利用しているサービスが突然つながらなくなった時にサービスの障害状況が確認できるサービスが「Downdetector」です。

Downdetector(ダウンディテクター)とは?

Downdetector(ダウンディテクター)

Downdetector

Downdetector(ダウンディテクター)は公式サイトやSNSサイトに流れる情報から、約250以上のWEBサービスの障害状況をリアルタイムで知ることができるサービスです。

インターネット回線の速度テストができる「Speedtest」運営のOokla社が運営しています。

障害状況を知ることができるサービスはドコモやソフトバンクなどの携帯キャリアから、Google、Twitterなど大手サービス、AWSなどのクラウドサーバーなど様々なービスに対応してます。

Downdetector(ダウンディテクター)の利用方法

Downdetector 対応サービス(一部抜粋)

Downdetector(ダウンディテクター)の利用方法は簡単で、掲載されているサービスから任意のサービスを選択します。

Downdetector(ダウンディテクター)

選択するとそのサービスの障害情報が表示されます。

利用しているサービスがつながらなくなった時などに利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました