バグによりroot権限を悪意あるユーザーに取得されてしまう脆弱性を修正した「Zoom for Mac v5.11.5」がリリース

バグによりroot権限を悪意あるユーザーに取得されてしまう脆弱性を修正した「Zoom for Mac v5.11.5」がリリース Apple

Zoomが「Zoom for Mac」においてバグによりroot権限を悪意あるユーザーに取得されてしまう脆弱性を修正した「Zoom for Mac v5.11.5」をリリースしました。

v5.11.3でパッチにミスがあった状態だったのを修正

バグによりroot権限を悪意あるユーザーに取得されてしまう脆弱性を修正した「Zoom for Mac v5.11.5」がリリース

Security Bulletin | Zoom

今回の修正は悪意あるユーザーにroot権限を取得されてしまう可能性のある脆弱性に対して、7月18日にリリースされた「Zoom Meetings for Mac v5.11.3」で修正されたはずだったのですが、ミスがあったようで、修正されていなかったようです。

今回これが指摘され、「Zoom for Mac v5.11.5」としてリリースされました。

MacでZoomを利用している方はアップデートしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました