Windowsでマルウェア「Behavior:Win32/Hive.ZY」の誤検知が発生、解決方法も解説

Windowsでマルウェア「Behavior:Win32/Hive.ZY」の誤検知が発生 Windows Tips

9月4日からマイクロソフトのセキュリティアプリ「Microsoft Defender」が「win32/hive.zy」という謎のマルウェアを検知する現象が発生していましたが、これは誤検知だったようです。

「Chromium」「Electron」ベースのアプリで発生、その解決方法

Windowsでマルウェア「Behavior:Win32/Hive.ZY」の誤検知が発生、解決方法も解説

win32/hive.zy removal notification every time I run a program – Microsoft Community

誤検出はChromeをはじめとする「Chromium」「Electron」ベースのアプリで発生しているようで、自分のWindowsにも発生しており、「Microsoft Defender」が何度も検出するという現象になっていました。

解決方法ですが、「Microsoft Defender」のアップデートで解決します。

1.まずスタートメニューなどから「Windowsセキュリティ」を起動します。

2.起動したら左メニュー「ウイルスと脅威の防止」を選択、「ウイルスと脅威の防止の更新」から「更新プログラムのチェック」を選択します。

Windowsでマルウェア「Behavior:Win32/Hive.ZY」の誤検知が発生、解決方法も解説

最新版にアップデートすれば完了です。

Windowsでマルウェア「Behavior:Win32/Hive.ZY」の誤検知が発生、解決方法も解説

バージョン「1.373.1537.0」以降のバージョンなら改善されているので、誤検出が続いてたら、アップデートしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました