「VMware Fusion」最新プレビュー版ではAppleシリコンMacで「Windows 11」が動作可能に

「VMware Fusion」最新プレビュー版ではAppleシリコンMacで「Windows 11」が動作可能に Apple

VMwareが仮想化ソフト「VMware Fusion」の最新のプレビュー版で、AppleシリコンMacで「Windows 11」が動作可能になったことを発表しました。

Appleシリコン搭載MacでのゲストOSとして「Windows 11」をサポート

「VMware Fusion」最新プレビュー版ではAppleシリコンMacで「Windows 11」が動作可能に

Just Released: VMware Fusion 22H2 Tech Preview – VMware Fusion Blog

今回が対応が発表されたのがプレビュー版である「VMware Fusion Public Tech Preview 22H2」で、インテルプロセッサおよびAppleシリコン搭載MacのゲストOSとして「Windows 11」をサポートしたそうです。(ただしインテルプロセッサのMacでArm版の「Windows 11」を動かすといった異なるプロセッサ間のVMの実行はできません。)

また、「Windows 11」だけでなくLinuxのサポートなども進めており改善がされていますが、Arm版の「Ubuntu 20.04.4」および「22.04」は現時点ではまだ起動できておらず、解決に取り組んでいるとのこと。

正式版では正式にArm版の「Windows 11」がサポートされることが期待されています。

タイトルとURLをコピーしました