macOS 13 Venturaも対応!「Parallels Desktop 18 for Mac」が発売

Parallels Desktop 18 for Mac Apple

Parallelsが最新の仮想化ソフト「Parallels Desktop 18 for Mac」を発売しました。

最新版ではmacOS 13 Venturaのサポートなど多くの機能が強化されています。

macOS 13 VenturaやWindows 11もサポート

Parallels Desktop 18 for Mac

Parallels Desktop 18 for Macでは、インテルプロセッサ版およびApple Siliconを搭載したMacのどちらにも対応しており、今年後半にリリース予定のmacOS Venturaへの最適化が行われています。

また、最新のAppleのハードに最適化されていて、前バージョンではApple Silicon Macで8CPU、32GBRAMまでの仮想マシンしか構成できなかったのに対し、今バージョンでは18CPU、64RAMまでの仮想マシンが構築可能となっています。

またMacBook Proに搭載されているProMotionディスプレイをフルサポートし、Windows側にも自動的に適用されるようになっています。

Windows 11のセットアップ機能も改良されています。

ただしWindowsは引き続きそれぞれのプロセッサ向けのバージョンのみインストールできる形となります。

価格は新規ライセンスが10,400円、アップグレードライセンスが7,200円となっています。

タイトルとURLをコピーしました