【動画あり】iOS 16でiPhoneのバッテリー残量のパーセント表示が復活!ただし一部未対応の機種も

iOS 16でiPhoneのバッテリー残量のパーセント表示が復活 Apple

Appleが公開した「iOS 16 beta 5」ではiPhoneでバッテリー容量のパーセンテージがステータスバーで表示可能になったことが判明しました。

Face ID搭載のiPhoneでバッテリー容量のパーセンテージが表示可能に

MacRumorsによると、今回「iOS 16 beta 5」でバッテリー容量のパーセンテージが表示可能になったことが判明したようで、設定アプリの「Battery 」の中にある「Battery Percentage」でオン・オフを切り替えることができるようです。

iOS 16でiPhoneのバッテリー残量のパーセント表示が復活

また、パーセント表示だけでなくアイコンカラーがそれぞの状態で変化し、通常モードは黒ですが、充電中は緑、低電力モードは黄色となるようです。

これまで、Face ID搭載のiPhoneではノッチによるスペースの影響で、ステータスバーにバッテリー残量のパーセント表示することができませんでしたが、今回バッテリーアイコン上に表示させるという形で利用できるようにしたようです。

しかし残念ながらiPhone 11、XR、12 mini、13 miniは未対応となっており、これは画面サイズの問題ではないかとされています。

便利になる一方で残量のわかりづらさも

バッテリー残量のパーセント表示が復活ということで、待ちわびていた方も多いかと思いますが、その一方で、パーセンテージ表記をバッテリーアイコン上に置くことで、これまでのようなバッテリーの増減を表すものではなくなり、バッテリーアイコンがすべて塗りつぶされたことで、視覚的には少しわかりづらいものに感じる人も出てくるかもしれません。

現在iOS 16 beta 5は開発版のみですが、近日中にパブリックベータ版がリリースされる予定です。

タイトルとURLをコピーしました