Fitbitが新型スマートウォッチ「Sense 2」「Versa 4」「Inspire 3」を発表、注目の新機能をご紹介!

Fitbitが新型スマートウォッチ「Sense 2」「Versa 4」「Inspire 3」を発表 ガジェット

Fitbitが新型スマートウォッチ「Sense 2」「Versa 4」「Inspire 3」を発表しました。

「Fitbit Sense 2」さらに薄型化と軽量化がされたフラグシップモデル

今回発表された3製品の中でフラグシップモデルとなるのがこの「Fitbit Sense 2」。

外観はVersa 4と同じですが、心房細動を検出するセンサーやストレス管理のためにcEDA(継続的な皮膚電気活動)が測定できる「Body Response」センサーを搭載しています。

Body Responseセンサーは、ストレスレベルが高くなりすぎると警告などをしてくれます。

また前モデルよりも薄型、軽量化

「Fitbit Pay」機能によりNFCによるタッチ決済も可能で国内ではSuica、PayPay銀行、ソニー銀行などが対応予定。

価格は32,800円で本日より予約受付を開始、9月29日に発売予定となっています。

「Fitbit Versa 4」3つのセンサーを省いた廉価モデル

「Fitbit Versa 4」は「Fitbit Sense 2」からcEDAセンサー、EDAセンサー、推定睡眠時皮膚温センサーが省かれたモデル。

Sense 2はヘルストラッカー向け、Versa 4はフィットネストラッカーとしての機能が中心となっています。

価格は27,800円で「Fitbit Sense 2」同様本日より予約受付開始、9月29日に発売予定です。

「Inspire 3」ディスプレイがカラーOLEDディスプレイに

コンパクトなエントリーモデルのアクティビティトラッカーが「Inspire 3」。

血中酸素ウェルネスを計測するセンサーを新たに追加し、上記2モデルよりも機能が限定されるものの、バッテリー持続時間は10日間とバッテリーを気にせず利用することができます。

「fitbit Inspire 3」の価格は12,800円で予約受付中、発送は9月15日となっています。

Fitbit オフィシャルサイト

タイトルとURLをコピーしました