Amazonタイムセールが開催中!
PR

ChatGPTのWebブラウジング機能「ChatGPT Browse with Bing」が利用できない状態に

ChatGPTのWebブラウジング機能「ChatGPT Browse with Bing」が利用できない状態に WEBサービス
ChatGPTのWebブラウジング機能「ChatGPT Browse with Bing」が利用できない状態に

7月6日現在、ChatGPTのWebブラウジング機能「ChatGPT Browse with Bing」が利用できない状態となっています。

理由は一部で有料の記事がそのまま見れてしまうため

「ChatGPT Browse with Bing」は有料の「ChatGPT Plus」プランの人だけが利用できる機能ですが、現在は機能の選択画面から選択肢が削除されています。

ChatGPTのWebブラウジング機能「ChatGPT Browse with Bing」が利用できない状態に

この理由に関して公式では以下のように

ChatGPT Browse with Bing is a beta feature (available to ChatGPT Plus subscribers) that allows ChatGPT to search the internet to help answer questions that benefit from recent information. We have learned that the ChatGPT Browse beta can occasionally display content in ways we don’t want. For example, if a user specifically asks for a URL’s full text, it might inadvertently fulfill this request.

以下日本語訳

ChatGPT Browse with Bing は、ChatGPT がインターネットを検索して、最新の情報から役立つ質問に回答できるようにするベータ機能 (ChatGPT Plus 加入者が利用可能) です。 ChatGPT Browse ベータ版では、望ましくない方法でコンテンツが表示される場合があることがわかりました。 たとえば、ユーザーが URL の全文を特に要求した場合、誤ってこの要求を満たす可能性があります。

How do I use ChatGPT Browse with Bing to search the web? | OpenAI Help Center

ネット上ではニュース記事などメディアによっては有料の記事を提供していますが、一部のサイトでウェブブラウジング機能を使ってChatGPTでURLを指定、そのページのテキストを表示する指示すると有料プランで契約していなくても見れてしまうという問題が発生していたようです。

現在機能は無効となり、OpenAIが対応中ですが、機能がいつ復活するかは発表されていません。

ChatGPTの登録方法や料金などはこちらで解説しています。

タイトルとURLをコピーしました