GMOインターネットが日本円と連動したステーブルコイン「GYEN」の実証実験を開始

GYEN

GYEN

GMOインターネットが日本円と連動したステーブルコイン「GYEN(GMO Japanese YEN)」のブロックチェーンの内部実証のための実験を開始したことを発表しました。

「GYEN」は法定通貨担保型(円ペッグ通貨)のステーブルコイン

実際の通貨の連動するステーブルコインは大きく分けると4種類あり、法定通貨に担保された「法定通貨担保型」、他の仮想通貨により担保された「仮想通貨担保型」、原油や金といったコモディティにより担保された「コモディティ担保型」、資産の担保は無く、スマートコントラクト機能によって価値を安定させる「無担保型」があり、「GYEN」はこの中の法定通貨担保型(円ペッグ通貨)のステーブルコインとなるようです。

「GYEN」は2020年上半期提供開始予定で、関連法規を遵守するステーブルコインとして、国内ではなく海外で提供を開始する予定となっています。

国内でステーブルコインを扱ってるいる業者としてはZaifが「Zen」を、コインチェックがステラルーメン(XLM)を扱っています。