三井物産が金と連動した仮想通貨ジパングコイン(ZPG)発行と仮想通貨取引所を立ち上げか!?

三井物産 仮想通貨ジパングコイン(ZPG)

三井物産が金(ゴールド)を裏付けとする仮想通貨を今月2月中に発行することが日経新聞によって明らかになりました。

金と連動した仮想通貨ジパングコイン(ZPG)発行か

三井物産、金連動の暗号資産 価格変動緩やか

三井物産が発行を計画している仮想通貨の仮名称はジパングコイン(ZPG)で、これは金(ゴールド)を裏付け資産とした一種のステーブルコインのようなものになるようで三井住友銀行が保証を行うようです。

そのため1ZPGの価格は金1グラムに相当するものになり、金(ゴールド)との連動にすることで、仮想通貨のような激しい値動き抑えることで、提携した小売店などでの決済にも使用できるように今後計画しているとのことです。

管理はプライベートチェーンで独自の仮想通貨取引所が立ち上がる予定

ジパングコイン(ZPG)の基盤となるブロックチェーンは「パブリックチェーン」ではなく、「プライベートチェーン」を採用することで、マネーロンダリング対策を行い安全に利用できるようなものにするようです。

また、三井物産はセブン銀行とともに金融庁から登録を取得していて独自の仮想通貨取引所を立ち上げ、個人がジパングコインの利用ができるようになり他の仮想通貨取引所への上場も計画しているようです。

金と連動したコインなので、大きな利益を得るのは難しいかもしれませんが、安定した値動きの中で、安心して利用できるようなものになる可能性があるので、今後に注目ですね。