FTXがLiquidを買収しQASHが一時上昇、FTXの日本ユーザーはどうなる?

FTXがLiquidを買収

暗号資産取引所「FTX」がQuoine株式会社の親会社である Liquid Group Inc.の買収することを発表しました。

買収によりFTXの既存の日本ユーザーはQuoineのプラットフォームに移行へ

FTXは、日本のお客様に商品・サービスを提供するために、金融庁登録の暗号資産取引所を買収することを発表いたします。

東京、日本-2022 年 2 月 2 日-FTX Trading Limited(以下「FTX」といいます。)は、日本の暗号資産交換業者兼第一種金融商品取引業者である Quoine 株式会社(以下「Quoine」といいます。)の親会社である Liquid Group Inc.(以下「Liquid」といいます。)の買収にかかる契約を締結したことを本日発表いたします。この買収は、慣習的なクロージング条件が満たされることを前提に、2022 年 3 月に完了する予定です。

FTXによるLiquidの買収について

FTXは昨年にハッキング被害を受けた暗号通貨取引所Liquid Globalに約130億円の融資と業務提携の動きがあり、また昨年日本からの新規登録の受付を停止していました。

そして先月日本向け取引サービスの動きがあることを発表し、Liquidが買収されるのではという憶測が流れていましたがやはりそのような形となりました。

そして現在FTXで登録している日本人ユーザーですが、2022年3月30日をもってLiquidの完全子会社であるQuoineに移管するとしています。

今回の発表でLiquidのトークンQASHが一時的に12円まで高騰しましたが、現在は9円台まで下がってきています。

QASHが今後どういう取り扱いになるのかはまだ言及されていないため、発表内容次第では大きく上下しそうです。

FTTとSOLは上場か

FTXが日本ユーザーに送られたメールによると、2022年3月26日以降はBTC、ETH、BCH、XRP、BAT、LTC、XLM、FTT、SOL以外のトークンの現物取引とBTC、ETH、BCH、XRP、BAT、LTC、XLM、FTT、SOLのパーペチュアル以外の取引はできないという内容で、現在Liquidで上場している仮想通貨を除くとFTTとSOLが新規上場される動きとなっているようです。