フォビジャパンがシンボル(XYM)、クラーケン・ジャパンが3銘柄を上場

フォビジャパンがシンボル(XYM)を上場

仮想通貨取引所のフォビジャパンがシンボル(XYM)を上場することを発表しました。

1月13日から取り扱い開始、手数料最大100%還元も

フォビジャパンがシンボル(XYM)を上場

XYMの取り扱いは1月13日からで、取り扱いを記念して取引手数料を最大100%還元するキャンペーンを開催。

キャンペーン期間中のフォビジャパン取引所のXYM/JPY取引手数料を以下となります。

キャンペーン対象取引ペア:XYM/JPY

・メイカー手数料:通常0.150% →  0%

・テイカー手数料:通常0.150% → +0.05%

キャンペーン期間は1月26日(水)までとなっています。

今回のXYMも含めフォビジャパンの取り扱いは14銘柄となります。

  • フォビトークン(HT)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • XRP(リップル)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • クアンタム(QTUM)
  • オントロジー(ONT)
  • ネム(XEM)
  • シンボル(XYM)

クラーケン・ジャパンがBAT・OMG・LINKを上場

クラーケン・ジャパンがBAT・OMG・LINKを上場

そしてクラーケン・ジャパンがBAT・OMG・LINKの3銘柄を上場することを発表しました。

これにより、クラーケン・ジャパンの取り扱い銘柄は8銘柄となります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • XRP(リップル)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ベーシック・アテンション・トークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)