貸借料率10%超えも!暗号資産レンディングの「HashHubレンディング」が正式にスタートしました

HashHubレンディング

株式会社HashHubが運営する暗号資産レンディングサービス「HashHubレンディング」が正式にスタートしました。

国内最高年率の暗号資産レンディングサービス「HashHubレンディング」

HashHubレンディング

HashHubレンディング

「HashHubレンディング」は2020年11月に先行リリース版が公開されましたが、今回正式なリリースが発表されました。

レンディングで取り扱ってる暗号資産は「BTC」「ETH」「DAI」「USDC」の4通貨。

今後も対応通貨は増やすこと計画しているそうです。

「HashHubレンディング」の魅力といえばやはり国内最高水準の高年率で、DAIやUSDCは現時点では貸借料率10%超えとなっています。

HashHubレンディング 貸借料率

しかも長期間のロックアップはなく、毎月の自動更新で解約手数料もないので、手軽にレンディングを行うことができます。

長期的に保有するなら、そのままにせずレンディングで資産運用することで増やせるのでおすすめです。