バイナンスで本日「ENS」と「CITY」が上場、Coinbase Proが日本円ステーブルコイン「GYEN」を上場

バイナンスで本日「ENS」と「CITY」が上場

バイナンスで本日「ENS」と「CITY」が上場しました。

Ethereum Name Service(ENS)とは?

今回上場したEthereum Name Service(ENS)はDNS(Domain Name Services)のような仕組みをイーサリアムブロックチェーンで行うサービス。

インターネット上のIPをわかりやすいドメインに割り当てることでドメインでサイトにアクセスができるのと同じように英数字の長いイーサリアムのアドレスを「●●●.eth」のようにわかりやすいアドレスに置き換えて利用できるサービスとなります。

ENSはネイティブトークンとして、ガバナンスへの投票の際などに利用されます。

バイナンスで本日「ENS」と「CITY」が上場

上場直後は上場パターンのように長いヒゲの後、56ドル前後せ推移しています。

ファントークン「CITY」とは?

ファントークンである「CITY」はイギリスのサッカープレミアリーグのクラブであるマンチェスター・シティ(Manchester City)による公式のファントークン。

スポーツを中心としたファントークンのプラットフォーム「Socios.com」が今年5月に発行したものになります。

ファントークン「CITY」

こちらも上場後高騰したあと、16ドル前後で推移しています。

Coinbase Proが日本円ステーブルコイン「GYEN」を上場

GYEN (GYEN) is launching on Coinbase Pro | by Coinbase | Nov, 2021 | The Coinbase Blog

GMO Trustが発行する、日本円ステーブルコイン「GYEN」をCoinbase Proが新規で取り扱うことを発表しました。

取り扱いペアはGYEN-USD、GYEN-USDT、GYEN-EURとなっています。