ビットポイントでPolkadotとJasmyが上場、バイナンスNFTがIGO実施を発表

ビットポイントでPolkadotとJasmyが上場

ビットポイント

ビットポイントで新しく暗号通貨PolkadotとJasmyが上場しました。

国内では初のJasmyが上場、取り扱い記念のキャンペーンも

【BITPoint】ビットコインなど暗号資産取引所 ビットポイント

今回上場した暗号通貨Polkadot(DOT)は、Web3財団というスイスの財団が開発した異なるブロックチェーン同士をつないで、相互運用ができる分散型のWebの実現を目指してプロジェクトです。

国内ではすでにGMOコインに上場しています。

Jasmy(JMY)はあまり知られてはいないですが、ジャスミー株式会社によるIoT技術とブロックチェーン技術をかけ合わせたジャスミー IoTプラットフォームで個人のデータをセキュアな状態で分散管理する「データの民主化」の実現を目指しているプロジェクトのERC20規格のトークンです。

今回国内で初めてJasmy(JMY)取り扱い記念として、JMYがもらえるキャンペーンが開催しています。

  1. ログインで、もれなく500円相当のJMYをプレゼント
  2. 10,000円以上の日本円入金で、もれなく2,000円相当のJMYをプレゼント
  3. JMYをご購入で、もれなく購入金額10%相当のJMYをプレゼント(上限10,000円相当まで)
  4. 10,000JMY以上の残高を15日以上継続して保有で、抽選で100名様に50,000円相当のJMYをプレゼント

販売は板取引ではなく、販売所での販売となります。

BinanceがIGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)を開始

Binance NFTがIGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)を開始するそうです。

今回IGOを実施するのはブロックチェーンを使った「DeRace」という競馬ゲームで、Binance NFTで販売されます。

今回の販売では10種類の競走馬のNFTカードのためのNFTチケットが販売されるようで、チケットを購入したユーザーはゲームリリース前に、手に入れることができます。

IGOの実施によってゲームリリース前にNFTを安価に手に入れられるなど早期のメリット提供することができます。

今後このIGOによる実施も増えてくることが期待されます。