北斗の拳NFTが即日完売、酒井法子が「碧いうさぎ2021」をNFT出品

FanTop(ファントップ)

メディアドゥが運営するNFTマーケットプレイス「FanTop」(ファントップ)にて、本日サービスをリリースしました。

『北斗の拳』漢の死に様シリーズ 南斗六聖拳ボックスは当日完売

『北斗の拳』漢の死に様シリーズ 南斗六聖拳ボックス
北斗の拳デジタルファンアイテム 漢の死に様シリーズ | 第一弾 南斗六聖拳

サービスリリース時、第1弾NFTとして発売されたのは、『北斗の拳』漢の死に様シリーズ 南斗六聖拳ボックス、『銀牙伝説』NFTアートシリーズ、JAM Projectの「Jacket Art Collection」、「チート薬師のスローライフ」デジタルアートボードシリーズの4作品。

その中で早くも当日完売したのが『北斗の拳』漢の死に様シリーズ 南斗六聖拳ボックスで、「南斗六聖拳」6キャラクターの映像コンテンツが1ボックス7個封入された限定販売商品となります。

「FanTop」ではNFTの購入に暗号資産(仮想通貨)ではなくクレジットカードでの日本円決済に対応、NFTの保有者情報の管理には「Flow」ブロックチェーンを採用しています。

現時点ではNFTの転売機能はありませんが、今後一定期間の後、二次流通としての転売機能が搭載される予定となっています。

OpenSeaで酒井法子が「碧いうさぎ2021」をNFT販売

OpenSeaで酒井法子が「碧いうさぎ2021」をNFT販売
Sakai-Noriko – Collection | OpenSea

OpenSeaで酒井法子が「碧いうさぎ2021」のNFT販売を実施。

配信ドラマ「プロデューサーK 4」の完成を記念し、プロモーションの一環として企画されたもので、1995年に発売した「碧いうさぎ」の2021年バージョンで、劇中で酒井法子が歌う限定音源と写真となっています。

OpenSeaで酒井法子が「碧いうさぎ2021」をNFT販売

販売方式はオークション方式で10月11日から11月7日までオークションは実施されます。